以前作ったUIが大手サービスとすごく似ていて嬉しくなる

徒然なままに

4年前に作った個人サービス「ジョルノお天気(公開終了)」。当時はどこにもなかったUI/UXだったので個人的に作ったわけですが、最近UI/UXがとても似ている大手サービスを見つけて、ドキッとしました。

・テレビの天気予報のフロー(全国→地方)
・現在地の天気

この2軸が最も重要なポイントと捉えていてわけですが、大手のもそのような作りになっていました。
もちろん、そもそものコンセプトは違うだろうし、機能改修やUI/UXの改善を続けていく過程においてクロスオーバーできたことだとは思います。

誤解を避けるために補足です。

この件に限らず、このようなシーンに出くわすたびに、それは自分のアイデアだ、なんて厚かましく思っているわけではありません。ちょっとだけ悔しい気持ちになることは認めますが、それよりも自分が認められている気がして嬉しくなリます。同じように思ってる人たちがたくさんいて、その人たちのためのUI/UXを考えることができたと思えるからです。この感覚はUI/UXデザイナーとしては大事なポイントだと考えています。

日常生活の中でいいなと思うUI/UXからヒントを得て自分のアイデアを作ったとしても、それは他の誰かがすでに思いついている、という前提で物事を捉えるようにしています。同じ考えを持つ人が一人でも多く集まれば、それは需要がある証拠です。それが受け入れられるUIモデルとなり、それが万人となれば概念モデルとなります。UI/UXデザイナーとして何より大事なのは、実はこのような同じ考えを持つ人(ユーザ)を見つけることです。

最後に当時を振り返ってみます。
ジョルノお天気、作りました!
結局、天気予報APIの精度がいまいちで、必須機能の雨雲レーダーAPIがなかったためサービス終了しましたが、キャプチャだけでも取っておけばよかったです。
# この記事の画像は当時作ったサービス用の画像

Contact お問い合わせ

これから起業してホームページをどうしようか悩んでいる方、ホームページはあるけどうまく集客できずにお悩みの方へ

あなたにはあなたのビジネスのコンセプトや強み、商品・サービスの説明、そしてどうやったら集客できるのかに全力を注いでほしいと考えています。シンプルシンプルデザインでは、それらをどうやって見せたらいいか、どうやったら見られるのかご提案させていただくことができます。ぜひお気軽にご相談ください。

担当:川上