「会社を辞めようかなと思ったら読む本」を読んで

起業向け情報

転職や起業しようか悩んでいるとしたら、最後の「52 「辞めたい」と思うときは、仕事のやり方を考え直すチャンス」「53 再就職するまでの期限を決めて、辞めよう」「54 「辞めたい」と思うときに、人は成長する。」だけでも一読する価値あると思います。

下記は備忘録がてら抜粋(ガムシャラな部分だけは抜粋していません。シニアになって知恵を養うと違うやり方を習得しているものです。ただし、2、30代には必要な要素であるとは思いますし、経営者には永久に必要なんだろうなというのは理解の上で)。

実力をつけて生き残るために

ピンチとチャンスはワンセット

  • 会社を辞めるより、愚痴集団から抜け出す → グチは2回言わない
  • 「そこまでやらなくてもいい」と言われるくらい、目の前のないのことをやりきる → クレイジーに、徹底的に、やりきる
  • 好きな分野に「ピンチ」はない → 好きなことで「ピンチ」「スランプ」と言わない
  • 自分の思い通りにならないときに、どれだけ笑えるかで次に続く。周りから見たら「勝ったのかな」と思うくらい → 思い通りにいかないときに笑う
  • 夢は、「やりたい」ではなく「やりつつある」にする。やりつつあるだと行動が伴わなければいけなくなる
  • 理想と現実に段階をつくり、「一息に」をやめる
  • 「ありがとう」を出し惜しみしない → まとめて「ありがとう」を言わない
  • 「ありがとう」で感じが悪くことはない → アクシデントに「ありがとう」を忘れない
  • 「してください」は「してくださってありがとう」に変えることができる → グチを言いたくなったら感謝を思い出す
  • ピンチをうまく付き合うことで結果的にチャンスになる → 「ピンチの楽しみ方」を覚える
  • 「そうなのかなぁ」には成長はない。「なるほど」という率直力は吸収力がある
  • 「なんで」「おかしい」ではなく「なるほど」と納得することで、次につながる
  • 決裂を避けるには、常に目線は対等で、皮一枚(ギリギリアウトではないギリギリセーフと捉える)でつながる
  • 主力メンバーでないときにチャンスあり → そういう時こそ何ができるかを考える
  • うまくいくこともいかないことも、原因は気づかない → 気づいていないことに、気づく
  • 向かい風のときに始めるのがいい → 人より早く、失敗する

「不安」と「悩み」は別のもの

  • 悩みは具体的なもの、不安は抽象的なもの → 悩みは「具体的」にする
  • 漠然とした不安を悩みに変える
  • 会社を変えるにはまず一人を変える
  • 自分らしくないことを徹底的にやらされたときに、初めて自分らしさがわかる → やりたくないことをやる
  • 思うような結果が出ないなら、同じやり方で努力するより、やり方を変えてみる
  • 成功にコツはない。習慣がある → コツではなく習慣を聞く
  • 合理性の中から志は見つからない → 損得からやりたいことをつくろうとしない
  • 諦めない → 大きな力1回より、小さい力100回やる

「自信」より「覚悟」が成功へのキーワード

  • 成功する人は自信があるように見えるが実際は違う。うまくいかなくても本望という覚悟がある → 自信よりも覚悟をもつ
  • トラブルには「よくあること」という
  • 仕事を通して成功する
  • 志という旗を掲げる。自分で、大きな旗を、バカげた旗を。そして揚げたらおろさない

1時間くらいで一気読みできます。

Contact お問い合わせ

これから起業してホームページをどうしようか悩んでいる方、ホームページはあるけどうまく集客できずにお悩みの方へ

あなたにはあなたのビジネスのコンセプトや強み、商品・サービスの説明、そしてどうやったら集客できるのかに全力を注いでほしいと考えています。シンプルシンプルデザインでは、それらをどうやって見せたらいいか、どうやったら見られるのかご提案させていただくことができます。ぜひお気軽にご相談ください。

担当:川上